So-net無料ブログ作成

アウトロー ネタバレ結末 その3 [アウトロー ネタバレ]

アウトロー ネタバレ結末


リーチャーは、射撃場で知り合った元海軍の爺さんと意気投合し、ヘレンを助けるため、2人で真犯人が待つ工事現場に乗り込みます。

元海軍の爺さんは、陽気なアメリカンで、B級アクション映画にありがちなノリ重視のキャラです。折角、トムがシリアスな役どころをやっているのに、これでは台無しです・・

最終決戦では、銃をバンバン撃ち、雨の中、犯人と素手で殴り合いもします。この場面は、リーサルウエポン1のラストバトルを思い出すシーンです。




⇒⇒ ももクロ レアグッズ通販



射殺事件を捜査していた主任刑事も実は、黒幕とグルで、バーを犯人に仕立てるために一役をになっていたのですが、最後はリーチャーに撃ち殺されます。刑事だろうが容赦はありません。

そして、リーチャーは、最後に残った、黒幕の爺さんも撃ち殺すのです。警察に逮捕させても、証拠不十分で罪を問えない可能性があると判断したのでしょう・・

犯人グループ全員、撃ち殺したリーチャーは、ヘレンに「後は任せた。君は優秀だろ?」とニヤリ。

極めて、無責任なセリフを残して去っていくのでした・・・(゚O゚)

ラストは、ヘレンがバーの無実を勝ち取ったようなドヤ顔をして終了・・・

これで、バーは、無実になるの?
そもそも、黒幕の爺さんって何者だったのか・・?


トム史上、最も危険なアウトローヒーロー誕生、MIシリーズを超えたとか、煽りが凄かったので、期待していたのですが、正直、中途半端な感じでした・・・

アウトローの割には、真面目ですやん!

シリーズ化するのでしょうか?
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アウトロー ネタバレ感想 その2 [アウトロー ネタバレ]

アウトロー ネタバレ

バー犯人説に疑問を感じた、リーチャーとヘレンは被害者5人を含め、関係者の調査を開始する。

前半〜中盤にかけては、トムの見せ場はあまり、ありません。

酒場で5人のチンピラに絡まれて、陸軍じこみのマーシャルアーツ(?)であっという間にぶちのめします。この辺のアクションは、結構、リアリティがあります。実は5人のチンピラは、真犯人(黒幕)が仕込んだ奴らで、リーチャーの調査を妨害しようとした動きだったのです。




⇒ 第2回 AKB48 紅白対抗歌合戦 (Blu-ray Disc2枚組)


物語の中盤になって、突然、射殺事件の黒幕と実行犯が顔見せで出てきます。

もう、真犯人をばらすの?という感じ・・ 黒幕も変な爺さんだし・・(結構、有名な映画監督らしいけど・・)


無差別と思われた射殺事件も全て計画的犯行で、5人の内1人が本命で、1人を殺すための目くらまし目的のため、その場にいた無関係の4人も射殺。
その本命の1人は、某企業のオーナー(?)でその企業の利権を狙う事が目的なのでした。

さらに、犯行をバーにきせるため、薬莢等の証拠品をわざと現場に残すという事も。


真犯人の存在に気づいたリーチャーは更に調査を進め、行く先々で、向かってくる敵をボコボコにします。この辺は非情な性格が出てきます。

そして、黒幕と真犯人は、ヘレンを拉致して、リーチャーを工事現場のようなところに呼び出します。
遂に、最終決戦へ・・・


⇒ アウトロー ネタバレその3へ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アウトロー ネタバレ感想 その1 [アウトロー ネタバレ]

トムクルーズ最新主演「アウトロー」のネタバレレビューです。

テレビCMが、バンバン流れてますね。トムがアウトロー(流れ者)を演じるという事で、新境地というか新しいヒーロー像に期待して観てきました。

さて、どうだったか・・・・





トムクルーズ主演アウトロー ネタバレ

米国のペンシルバニア州の郊外で、白昼に5人が無差別に射殺される事件が発生。
犯行現場に数多く残る、証拠品から、容疑者として、元陸軍の銃撃兵ジェームズ・バーが逮捕される。

そこに、トム演じる、元軍人のリーチャーが逮捕されたバーの元に現れる。実は、リーチャーは元陸軍所属の憲兵(秘密捜査官?)で、過去に数々の勲章を獲得した事もある。現在は退職し、年金だけで暮らしている。

リーチャーは、徹底した秘密主義者で、携帯電話やクレジットカードを持たず、身元や所在地がわからない流れ者なのだ。(単なるプータローなんですけど・・)

そのリーチャーは、陸軍時代にバーを逮捕した事があり、再び、バーが犯罪を犯した事を聞きつけ、バーに落とし前(抹殺?)をつけるために現れたのだ。

そんなリーチャーの前に、バーの弁護士であるヘレンが現れ、バーを死刑から助けたいと言う。バーの犯行説に疑問を覚えたリーチャーは、ヘレンと協力して事件の真相を探る事に・・・



序盤は、こんな感じで展開。
5人が次々と射殺されるシーンは見ていてあまり気分が良いものではないです・・

それ以外は、前半は淡々と過ぎていきます。リーチャーが、ハードボイルド系のアンチヒーローという設定であると聞いていたわりには、結構、フランクにベラベラ話をします。性格もまともというか、真面目です(汗)

これでは、いつものトムクルーズじゃないかな〜。キムタクがどんな役をやっても同じなように、トムクルーズは、トムクルーズだなあ、と。(いい意味でも悪い意味でも・・)

全く、破天荒さを感じられません!


⇒ アウトロー ネタバレ その2へ











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。